ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


ROTEL RB-1080故障


SANSUI AU-D907Fに続きROTEL RB-1080も故障した。
症状としては、電源を投入するや否や「ブーン」と大音量で共振音がする。
あまりの音量にすぐに電源をOFFしてしまうが、切り分けの為に我慢して聞いていると共振の裏で微かに歪んだ音楽が聴こえる。
これはアースライン上の故障か最悪電源部だろうから自分で直してみようかと一瞬考えたけれど、TRIO KA-5100Gを追い込み過ぎて最終的に燃やしてしまったのを思い出して、メーカー修理に出すことにした。
事前に電話して切り分け内容と症状を伝えたら、「おたくの場合、パワートランジスタは大丈夫だろうから、確かなことは言えないけれど、最低料金の18,000円に収まると思いますよ。」とのことだった。
実際に修理に出すと帰りの送料込みで15,000円。



数十円程度の部品を2つ交換し、各種調整をしただけだけど、こんなもんだろう。
自分が所持しているフルレストア済みの古いアンプがいかに安かったが解る。

戻ってきたROTEL RB-1080は高域がしなやかになった気がした。
このROTEL RB-1080は自分にとって特別だから、もうしばらく使えると有難い。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
SANSUI AU-D907F故障


フルメンテナンス済みのSANSUI AU-D907Fを購入したが、購入後1年を経つ位から稀に片CHから一時的に音が出ない事象が発生するようになった。
以前購入したTRIO KA-5100G同様に片CHから音が出ない場合はリレーの故障が疑われるので、切り分けとしてボリュームを上げたり下げたりしてみるが回復するタイミングが合わない。
「これはリレーじゃないな。」と思い始めて、そのまま使用していると、スピーカーからボソボソと云う音がする事象が併発するようになった。
真空管アンプを使っている時に何度もこのボソボソと云う音を聞いていて、この場合は決まって真空管が壊れていたので、「前段のトランジスタが故障したのではないか。」と嫌な思いが頭を過ぎる。
トランジスタの故障かどうかを切り分ける方法を調べていると、「セレクターをAUXからAUX以外の例えばPHONOに切り替えてみろ。その場合でも再発するかどうかで切り分けていける。」とサンスイのアンプばかり直している人のホームページに書かれていたので、実践してみる。
すると切り替えたタイミングと同時に事象が回復した。

トランジスタで無いとするとどこが悪いのかと原因になりそうな箇所を思い起こしてみると、ほとんど使わないバランスVRがいつからか砂を噛んだようにジャリジャリすることに思い当たった。
そこで事象が発生している間にバランスVRをぐりぐり廻してみる。
完全一致ではないが、回復するタイミングが合う回数が多い。
さらに先程のホームページに「つまみにガリがある場合はただ単に回すんじゃなくて、気持ち押し込みながら回せ。」と書いてあったので、実践してみる。
すると既に数十回は右へ左へ回してもジャリジャリしていたバランスVRが10回程度しか回していないのにツルツル滑る様に回るではないか。
どうやら、ごみが外周に追いやられた様である。
あれから半年以上経つが音切れもボソボソも再発していない。
先人の知恵に感謝します。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
Lacey Sturm/Life Screams【レイシー・ スターム】
Lacey Sturm


かつてFlyleafのボーカルだったLaceyのソロプロジェクト。
随分と老けてしまったけれど、この人の声は今でも好きだな。
screamが復活しているのが嬉しいデビューアルバム。

★Lacey SturmのCDを購入するならこちら★

| 【洋楽おすすめ】お気に入り女性ボーカルCDアルバム | comments(0) | trackbacks(0) |
TRIO LS-202の吸音材交換
TRIO LS-202を2セット所持しているが、いずれも内部から同じ匂いがするので、吸音材を入れ替えてみた。
同じくらい古いスピーカーでもSONY SS-G3は全く匂いがしないので、このモデル特有の何かがあるのであろう。
エンクロージャを特殊な溶剤で固めているみたいなので、そこに原因があるようだ。


・可能な限り、元の素材と同じ寸法・重さの吸音材を使用


・ニードルフェルトの劣化が著しい




・一部グラスウールはそのまま使用


・1セットをリファレンスにして調整

試しに吸音材を全て取り除くと中高域が伸びやかになり解像度が上がるが、低域の量感とダンピングが激減する。
吸音材交換後はほとんど匂いがしなくなり、大成功と言える。




・ネットワークの基盤のネジが固着しているので、片方しか外せなかった


・因みにSONY SS-G3は密閉型にも関わらず、吸音材はほとんど入っていない

★ニードルフェルトの購入はこちら★

★ミクロンウールの購入はこちら★

★サーモウールの購入はこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/134PAGES | >>