ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


DENON POA-3000購入






少し前に購入した純A級アンプのPIONEER M-22が非凡な表現力を魅せるので、A級アンプだから優れているのかを確かめたくなって、メンテナンス暦のあるDENON POA-3000を購入した。
フルレストアしたPIONEER M-22を譲ってくれた方がDENON POA-3000もフルレストアされていたので、故障したら修理に出せばいいやと安易に考えたのもある。

DENON POA-3000のレビューは以下のとおり。
1979年に発売されたDENONの名機。
暖色で優しく、穏やかで有機的な音色。
一聴して音色の温度感がSANSUI AU-D907Fに良く似ていると感じた。
A級アンプらしく音素が細かく、芯を持つのにエッジに柔らか味が有りしなやか。
倍音表現にも優れ、響きが良い。
低域が特徴的で力強さと量感の豊かさが魅力。
中域の密度が高く、高域は少し煌く。
やや音素の境界に曖昧さがあるが、グラデーションが美しい。
PIONEER M-22よりDENON POA-3000の方が音素の拡がりが良好で、S/Nも僅かに高く無音が音になる静けさを持つ。
解像度や表現力はPIONEER M-22の方が上なのは、フルレストアしているからかも。
なお、現代の同グレードのアンプに比べると解像度に劣ると思われる。
PIONEER M-22とは異なる方向性の音だが、このアンプもまた同様に惚れ惚れする音色がする。
やはりA級アンプは自分の好みに合う。

但し、有信号時の消費電力が730Wで全くエコではない。
ちなみに筐体はPIONEER M-22の方が熱くなる。

★DENON POA-3000を購入するならこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
ルミナス メタルラック購入


通常の木製ラック2台では収納出来ないほどに古いオーディオ機器が増えてしまったので、新居への引越しを契機にLuminous Slimシリーズのメタルラックを購入した。
棚板1枚あたり135kgまで搭載可能。
※全体ではアジャスター装着時に500kg搭載可能。
突っ張りポールにより耐震面にも優れる。
ただし、20kgを超える機器を載せると棚板がたわむ傾向にあるので、耐荷重が棚板1枚あたり250kgのルミナスレギュラーの方が更に良かったかも。
なお、棚板の上に木材のプレート(※薄めの合板で可)を敷いておくと負荷を分散でき、たわみを防止できる。
安価で設置も簡単な上、2.5cm間隔で棚板の取付が可能なので、利便性に優れている。

取り敢えず、追加の棚板を合わせて8段構成にしたが、自分の環境では10段以上も可能なので、もう少し機材を増やして大丈夫だろう。
本来オーディオラック向きではないけれど、置く場所が無いから買わないと云う制約を開放してくれる貴重なラックだと思う。


※棚板(幅61×奥行き46cm)

★ルミナスのメタルラックを購入するならこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
SONY SS-G4入手


サブシステムはTRIO LS-202ばかりを使用していて、低域の量感の物足りなさからSONY SS-G3の使用頻度が著しく低下していたので、SONY SS-G4を購入した。
密閉型のSONY SS-G3に比べるとバスレフ型のSONY SS-G4は低域の量感が稼げ、スケール感が向上する。
高域の分解能もSONY SS-G4が勝る。
一方でSONY SS-G3は筐体の大きさの割り低域の量感に欠けるが、小型ブックシェルフを鳴らしているかの如きまとまりの良さがある。
また密閉型のSONY SS-G3の方が低域の階層表現力に分がある。
総合的に勘案するとSS-G4の方が評価が高いのも頷ける。

TRIO LS-202とSONY SS-G4を比較すると、全域に渡り乾いた音色のTRIO LS-202と中域がやや湿っていて若干太く、甘さのあるSONY-SS-G4では狙いが大きく異なっている為、どちらが良いかは好みによるところが大きいだろう。
抜けの良さ、見通しの良さはTRIO LS-202が上、中域の張り出し、高域の歪みの少なさはSONY SS-G4が上。

狭い部屋に置くスピーカーとしては、25cmウーファーが丁度良く、高解像を求めないのであれば、TRIO LS-202とSONY SS-G4でも十分に良い音色が聴ける。

★SONY SS-G4の中古を購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
Technics SL-PS860購入


外部DACの違いとトランスポートの違いのいずれの違いの方が音色への影響度合いが大きいのかをもう少し調べる為に1bitDACのMASH搭載モデルを購入した。

Technics SL-PS860のレビューは以下のとおり。
柔らか、しなやか、爽やかな音色。
巷では絹ごし豆腐と言われる。
透明感や奥行き感が以前購入した1988年のマルチビットDAC搭載モデルに大きく勝る。
線が細めで上品。
class A D/A CONVERTERと銘打つだけあって、S/Nが良く音素に微粒子感があり、倍音表現に優れる。
中身はすかすかだし、現在の自分の好みとはやや外れるが、良く練られた音だと思う。

north star design Essensioと合わせるなら、1988年のマルチビットDAC搭載モデルの方が好み。
外部DACの違いは音質の変化に寄与し、トランスポートの違いは音色の変化に寄与する傾向にあるので、古いCDプレーヤーのデジタル出力を使って、音色の調整をするのは面白い。

★Technics SL-PS860の中古を購入するならこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/137PAGES | >>