海外通販の落とし穴(真空管のロゴについて) | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Philips系ブランドの真空管に見られるエッチングコードについて | main | EF95 FAMILY(6AK5、5654、CV4010、6J1...)海外レビュー/Little Dot 、Darkvoice、Yaqin >>
海外通販の落とし穴(真空管のロゴについて)
以前紹介したhttp://www.hifitubes.nl/さんからNOSの真空管を大量に購入したのだが、とある条件と引き換えに店頭価格より送料込みで約41%値切って発注した為だろうか、規格は同じであるものの商品説明とは異なる商品やロゴを付け替えた商品が届いた。





注文した真空管(98本)

【ECC85/6AQ8】
・Valvo ECC85(dimpled disk getter)× 18本

【6AK5W/5654W】
・Siemens 6AK5W × 80本

届いた真空管(100本)
【ECC85/6AQ8】
・Valvo ECC85(dimpled disk getter)× 8本
code:XXX (Philips/Heerlen)
logo:Valvo
with silver/chrome shield situated between the 2 gray dual triode plates.

・Valvo ECC85("o" getter) × 1本
code:XXX (Philips/Heerlen)
logo:Valvo
with silver/chrome shield situated between the 2 gray dual triode plates.

・Siemens ECC85("o" getter) × 7本
code:≠9X (Siemens/Munchen)
logo:Siemens
with silver/chrome shield situated between the 2 gray dual triode plates.

・Siemens ECC85("o" getter) × 1本
code:≠6X (Siemens/Munchen)
code:42XXX
logo:Telefunken
ダイヤ<>マーク無し
with silver/chrome shield situated between the 2 gray dual triode plates.

・Telefunken ECC85(halo getter) × 3本
logo:Siemens
ダイヤ<>マーク有り
with gray shield situated between the 2 gray dual triode plates.

【6AK5W/5654W】
・Mullard CV4010 × 44本
code:RXXX(Mullard/Mitcham)
logo:Siemens

・Mullard CV4010 × 3本
code:□\XXX(Mullard/Whyteleafe)
logo:Siemens

・USSR 6J1P or 6J1P-EV × 32本
logo:Siemens

・PhilipsECG(Sylvania)JAN 5654W × 1本
logo:Siemens

もう滅茶苦茶である。
Valvo ECC85を注文にして、Siemens ECC85が届くのはおかしいだろ!!
と怒り心頭だったのだが、Siemensのロゴが付いたTelefunken ECC85が3本入っていて、同じくSiemensロゴのMullard CV4010を使い切れない程入手できたので、支払った代金以上の価値があるし、まぁ悪くないかなと考え直した。
ただ、ECC85を18本注文して、20本送ってくるあたりに、大いなる意図を感じる。
オファーを承諾した以上、正式な契約である。
後で「どういうつもりだ!?」「Siemensなんて注文していない!!」って、販売者に聞いてみるつもり。

今は著名な真空管についての画像が世界中に散らばっているから、webを使って、その真空管が本物か偽者かどうかを容易に特定できる。
ロゴの情報なんて当てにならない。

6AK5Wについては、届いた6AK5Wの中にSiemens製造のものは見当たらなかった。
そこで、現在世界中で販売されているSiemens 6AK5Wを確認してみると、ほとんど全てが下記の真空管にSiemensのロゴを付け替えたものに過ぎない事が判明した。

・PhilipsECG JAN 5654W
(Sylvania JAN 5654W)
・Mullard CV4010
・GE JAN 5654W
・USSR 6J1P or 6J1P-EV

残念なことにSiemens製造の6AK5Wは見たことがないので、上記に当てはまらない残りの一部が本物であるかどうかは判断が付かない。

relaveledされたtubeでも正規のものが存在するし、どこかの誰かが付け替えたものばかりでは無いので、余計にややこしい。

長い歴史が存在するにもかかわらず、web上には真空管の情報が少ない。
経験して学ぶことばかりである。

| 真空管アンプ/真空管 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
初めまして往古穗(オウコミノル)というものです。
VALVO ECC85 を検索していたら、貴ホームページに出くわしました。

小生も LUXKIT A3700 8045G PP アンプを二台所有して代わる代わる部品を取っ替えて音質の変化を楽しんでいます。

初段の 6AQ8 を NATIONAL製からSIEMENS製の真空管に取り替えたら、再生される弦の音色が驚愕。

真空菅の交換マニアになりそうです。それにしても VALVO ECC85 聴いてみたいです。
| 往古穗 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック