USSR 6J1P-EV NOS | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< ECC85/6AQ8を使用したLUXMANの真空管アンプ(メモ) | main | 真空管の保管方法 >>
USSR 6J1P-EV NOS
USSR 6J1P-EV
1973年/1977年 Voshkod製造

USSR 6J1Pの高信頼、ロングライフ版で解像度良好。
音色はやや薄めだが、適度な拡がりを持ち、見通しが良く透明感がある。
低域から高域までのバランスに優れ、中庸でいて高音質なので、使い勝手が良い。
また、無印のUSSR 6J1Pよりも発振が幾分抑えられている。
なお、縦溝の存在しない1973年Voshkod製造のUSSR 6J1P-EV(左側2本)は、全く発振しないので、縦溝が発振の原因と思われる。

※使用する真空管アンプやヘッドホンアンプの種類によっては、発振しない場合もあります。

非常に安価で、送料を含めないのであれば、1球1ドル以下で購入でき、コストパフォーマンスにも優れる。
海外の真空管ヘッドホンレビューサイトで大変評判の良い球。

| 真空管アンプ/真空管 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002177
トラックバック