真空管の保管方法 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< USSR 6J1P-EV NOS | main | Svetlana EL34・Tung-sol EL34 真空管音質比較レビュー >>
真空管の保管方法
真空管を交換して音色の変化を楽しむ為に、その都度、真空管を箱から取り出して、また箱へ格納することを繰り返していると、真空管本体に印字されたラベルが出し入れの度に擦れて、少しずつ剥がれ落ちてしまう。

何か良い保管方法が無いものかと、インターネットで画像を検索していたら、白い発泡スチロールの板に数多の真空管を突き刺している画像に出会った。

そこで早速、発泡スチロール板を購入して、真空管を刺してみるが、これがどうも良くない。
強度が足りない為、数回抜き差しを繰り返すと発泡スチロール板が瓦解し始めるのである。

次に、DAISOでたまたま隣に置いてあったカラーボードなる板を購入してきて、試してみると、ほぼ求めていたものに近い結果を得られた。


・カットしたカラーボード


・真空管を突き刺した姿

その後、真空管を裸で置いておくのも危なっかしいので、安いコレクションケースを購入し、除湿材を大量投入して、以下の様に格納。


・背面ミラー仕様


・完成

カラーボードごと引き出せるので、前段の真空管交換を頻繁に行う方におすすめの保管方法です。

今回使用したコレクションケースは以下のとおり。


なお、アウトレットの為か造り付けが悪かったので、2点ほど手を加えています。
・取っ手部分がぐらぐらした為、ワッシャーを噛まして固定した。
・蝶番部分の強度が不足していた為、口径が同じで長さのあるネジに交換して、歪みを矯正した。

これで見違える程、良くなります。

★その他のコレクションケースを探すならこちら★

| 真空管アンプ/真空管 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002179
トラックバック