FOSTEX G1302への買い替え | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< 絶賛されるオーディオ機器 | main | 狭い部屋でも聴けるトールボーイ。 >>
FOSTEX G1302への買い替え
FOSTEX G1302を購入して、FOSTEX G1300としばらく併用していたが、いよいよFOSTEX G1300を売却した。
FOSTEX G1300が自分にとって全く飽きることの無い音色で、かつ求める音質を超越していたので、たまたま安く売られていた上位のFOSTEX G1302を中古で買ってみたのである。

購入前は、FOSTEX G1300の音の重心を下げて、もう幾らか音色を暖色に振れたら、より自分の出したい音色に近づくだろうと感じていたのだけれど、FOSTEX G1302にしてそれらを達成することが出来た。

FOSTEX G1300とG1302の比較レビューは以下のとおり。

FOSTEX G1302はやや重心の高いFOSTEX G1300に低域専用ウーファーを追加して、音の重心を下げ、低域の存在感を加味した各帯域のバランスに大変優れたスピーカー。
高域・中域・低域の全ての帯域での解像度が高く、かつその繋がりが自然で一体感がある。
解像する低域に、かつて聴いたDYNAUDIO EXCITE X16を想い起こした。

音色は双方同傾向で、女性ボーカル帯から高域に掛けては、ほぼ同等の音質を持つが、FOSTEX G1302はFOSTEX G1300に比べると高域の主張が控えめで、FOSTEX G1300の方がソリッドで麻薬的。
しかしながら、両方持っている人で無いと解らない位の違い。

そして、低域の量感がある分FOSTEX G1302の方がFOSTEX G1300より少しだけ温かみのある音色に感じられる。
また、低域がしっかりした分、定位が更に上昇している。

アンプに駆動力を要求するFOSTEX G1300に比較するとFOSTEX G1302は随分と鳴らし易い印象。
FOSTEX G1302は、小音量でもしっかりと低域が出るので、深夜の小音量再生にも耐える。

FOSTEX G1302にして初めて、ROTELのアンプの音が聴けたように思う。

初代Gシリーズは、日本的な完成された美しい音がするスピーカー。
個人的には銘機だと言いたい。

★FOSTEX G1302を購入するならこちら★

| スピーカー | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
いつも楽しく読ませて頂いております。当方Jazz主体の頃はJBLのユニットで自作スピーカーを楽しんでおりました。その後はクラシックとJazzをセレッションSLー6で楽しむ時期が長く続き、昨年久しぶりにKEF R300に買い替えました。
ジャンルを問わず、ライブ録音の熱気を伝えながら繊細さを合わせもつ小型ブックシェルフとしてELACかFostexはどうかと考えています。
アドバイス頂けたら幸いです。
| htshーk |
htshーkさん。

はじめまして。
こんにちは。
JBLのユニットを使用した自作スピーカーやCelestion SL-6
はどちらかというと中域がフォーカスされた音色だと思いますので、Jazzとの相性が良さそうですね。
「ライブ録音の熱気を伝えながら繊細さを合わせもつ小型ブックシェルフ」とのことですが、ご購入されたKEF R300は正にご意向に適ったスピーカーだと考えます。

Fostex G1300(MG)は線が細めで、音像の実在感に優れますが、非常に綺麗な音色の為、熱気の表現にやや劣ります。
また、Fostex GX100(MA)だと解像とスケール感が乏しいです。
Elac BS 243 BEは高域の志向性が強くセッティングが難しい印象がありますが、色乗りが鮮明でKEF R300をお持ちでなかったら、次点でおすすめ出来る小型ブックシェルフスピーカーでした。

KEF R300はブックシェルフとしての評判も良く、高音質でコストパフォーマンスにも優れたスピーカーですので、KEF R300以上の音質を求めるとなると、同価格帯のブックシェルフでは分が悪そうです。

あえてブックシェルフで探すとなるとB&WとかPMC等の上級モデルが候補になろうかと思います。

一般的には、ライブ録音の熱気を伝えながら繊細さを得ようとすると、低域の増強が不可避ですので、個人的にはトールボーイタイプのスピーカーをおすすめします。

私であれば、トールボーイを検討している間は、上流のプレーヤーを音色の異なる2系統にして、自分の欲しい音色を見つめ直します。

結局の所、自分がどんな音色を好むかを知ることが一生モノのスピーカーを手に入れる最善の方法だと思うから。

お役に立てれば幸いです。
| audioman |
audiomanさん、早速にコメントありがとうございました。
私の拙文から、好みの音質傾向をズバリと言い当てられたのには驚きました。伝えたいニュアンスを適切な表現に言い換えて頂き、感激しました。趣味のaudioの醍醐味ですね。
昨年購入のR300もかなり念入りに試聴して決めたものです。ショップにはElac BS243が無く、310CEが比較試聴の対象でした。最後まで迷いましたが、最近音楽の好みの幅がより広くなっていることを鑑み、R300にした経緯があります。
ご指摘のように、入力の方を変化させることを考えてみます。アナログの方はカートリッジの交換で何とか対応出来ているのですが、デジタルの方はPCからBabyfaceを介してXLRバランス出力でアキュフェーズのプリメインに接続している状況であり、USB-DACを変えてみるのか、ネットワークオーディオプレイヤーにしてみるのが良いのか、もう少し悩んでみます。
そのあと、未経験のトールボーイ型にもチャレンジしてみます。これからもよろしくお願いします。
| htsh-k |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002216
トラックバック