V-FET A級真空管ヘッドホンアンプ兼真空管プリアンプ購入。 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Lily Kershaw/Midnight in the Garden【リリー・カーショウ】 | main | Katie Herzig/The Waking Sleep【ケイティー・ヘルツィヒ】 >>
V-FET A級真空管ヘッドホンアンプ兼真空管プリアンプ購入。


かつて6J1互換球の6AK5W,5654WやCV4010,6F32,6J1P-EV等を外国から大量に購入して、日本で3分の1程売却し、購入費を回収したのだけれど、それでもまだまだ手持ちが尽きないので、有効活用できないものかと再び真空管アンプを購入する事にした。

真空管というのは一旦手にしてしまうと、どうしても見た目の美しさと仄かな響きがもたらす情景から離れられない存在なのかも知れない。

今回は、気分転換のアクセントみたいな使い方が出来れば良いので、YouTubeで音色を確認済みだった真空管プリアンプとしても使える手頃な価格の真空管ヘッドホンアンプをebayで2台購入。

モノは香港人が製作したV-FET A級動作真空管ヘッドホンアンプ兼真空管プリアンプなんだけど、V-FETを使ったハイブリッドのA級アンプの為、暖色の音色かつ高熱を発する。

使用しているCDプレーヤーのMARANTZ SA-15S2は、Liveで太めの音がする真空管との相性が良い気がする。

ボリュームの質感は悪いし、熱に対する耐性も低そうだし、音素の分離感に欠けていて、高域がロールオフしているけれど、ノイズレスでA級らしさが存分にあって、予想以上に音が良い。
なお、プリアウト出力よりもヘッドホン出力の方が音質が高い。

ちなみに6AK5はcomputerにも使用されていた高性能な真空管で、音色にも優等生らしさが出るので、世に言う真空管らしい音色を求めるのであれば、V-FETで音色を染め上げた位で良いのかも。

DACと小型の真空管ヘッドホンアンプに高級ヘッドホンを繋いで、YouTube等の動画から生っぽさを引き出すだけでも、いつものソースから聴いた事が無いリアリティに優れた本当の音響が楽しめるので、女性ボーカルCD情報で検索して、このブログにやってきた人に、せめてコンパクトなオーディオシステムを所有することをおすすめしたい。

| 真空管アンプ/真空管 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002246
トラックバック