ヴィンテージオーディオの実力 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Goldfrapp/Tales of Us【ゴールドフラップ】 | main | Natalie Merchant/Tigerlily【ナタリー・マーチャント】 >>
ヴィンテージオーディオの実力


全分解、再整備済みのSANSUI AU-D907Fを購入して、自作フルレンジスピーカーと組み合わせて使っていたけれど、メインのFOSTEX G1302とMARANTZ SA-15S2に合わせてみたら、AB級にA級を混ぜた様な出色を持ち、ディストーションやオーバードライブの効いたエレキギターの粒立ちや粘りを上手く再現するので、ロックを聴く際は好んでメインシステムに組み込んで使用するようになった。

劣化部品を廃して新品もしくは代替品に交換しているので、完全オリジナルとは異なるけれど、とても自分がよちよち歩きをしていた頃に発売されたオーディオ製品とは思えないな。

現代のプリメインアンプに総合力で負けても、局地戦では勝負できるものを持っている。

歯切れの良いFOSTEX G1302から粘りのある暖色の音色を引き出すのだから、相当癖の強いプリメインアンプには違いないけれど。

SANSUIの907でこれだけの実力を備えているのだから、当時のハイエンドは言わずもがなであろう。

| オーディオ雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
山水の907の話題、たいへん興味深く読ませていただきました。
自分自身は所有したことはありませんが、ジャズ喫茶がまだまだ元気のあった70年代末に、各店がマッキントッシュやJBLのアンプで大型スピーカーを鳴らしていた頃、神田駿河台下のとある店で山水907とJBLのブックシェルフ型スピーカが絶妙のバランスで濃厚な音を出していてびっくりした事がありました。
今回の記事に触れて、自分も欲しくなりました(^_^)。
| htsh-K |
htsh-Kさん

こんにちは。

SANSUIがかつてJBLの国内総代理店だったからか、SANSUIのアンプとJBLのスピーカーは非常に相性が良いですよね。

古いSASNUIのアンプの特徴は、強靭な電源部と練り上げられた音色にあると思っているのですが、SANSUI AU-D907Fを所有してみて、「アンプはサンスイ」と言われた時代があったことに納得してしましました。

当時はMcintoshやKRELLにも通じる聴き応えのある濃厚で心地良い音色を国内メーカーでも出せていたんですね。

クリアで色付けの無い透明感のある音色を求めるなら現代のアンプとなるのでしょうけれど、色の付いた濃厚な音色を求めるなら、オーバーホール済みの古い山水ほどの手頃な価格で購入出来るアンプは他に無いと思っています。

htsh-Kさんのアキュフェーズと比べると解像度に不足が出るかと思いますけれど、個人的にはPhono入力の評価も高いSANSUI AU-D907F EXTRA〜AU-D907X DECADEまでのオーバーホール済みのプリメインアンプを是非手に入れて貰いたいですね。

いつ壊れてもおかしくないヴィンテージオーディオ機器は、良さの解る方に長く大切に使ってもらうのが一番だと思うから。
| audioman |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002289
トラックバック