SANSUI AU-D907F(Repaired and Restored)、Pioneer M-22(Repaired and Restored)メモ | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Pioneer M-22購入 | main | ROTEL RB-1080、SANSUI AU-D907F(Repaired and Restored)、Pioneer M-22(Repaired and Restored)比較レビュー >>
SANSUI AU-D907F(Repaired and Restored)、Pioneer M-22(Repaired and Restored)メモ
・SANSUI AU-D907F(Repaired and Restored)
セレクターSW:分解、摺動面クリーニング
SP切換えSW:分解、クリーニング
リレー:接点クリーニング
プッシュSW:摺動面クリーニング
プリ電源基板の制御トランジスタ交換
ヘッドアンプの電源部コンデンサを高耐熱性の物へ交換
フォノ基板のトランジスタ内部断線の為、2個交換
ボリューム&バランスボリューム洗浄
メインアンプ基板の接着剤除去及び腐蝕したリード線の抵抗、定電圧ダイオードの補修及び交換
初段FET交換
ドライブトランジスタ半数交換
スチコン交換
電解コンデンサ半数交換
腐蝕で断線のリスクが高いワイヤ交換
パワートランジスタ交換
全基板のハンダ補修、グリス塗替え
オフセット及びバイアス調整用半固定交換
熱安定後調整、ヘッドアンプ、フォノアンプも調整済
※SANSUI AU-Dシリーズのプリメインアンプを100台以上修理した方の作品

・Pioneer M-22(Repaired and Restored)
外観:ヒートシンクのサビ取り、下地処理後耐熱ウレタン塗装
電源部:トランス補修、ブロックコンデンサ1つ劣化の為、オーディオ用コンデンサを追加
整流ダイオードをノイズ低減の為、ファーストリカバリーダイオードへ交換、定電圧部のダイオード交換
コンデンンサ:電解コンデンサをニチコンFGへ交換、マイラ・セラミックコンデンサをほぼ全てポリプロピレンコンデンサ(フイルムコンデンサ含む)へ新品交換
トランジスタ:Dualトランジスタを含め全て新品交換
終段トランジスタ:特性を揃えたものに交換。8個中4個は新品交換、残り4個は手持ち中古品へ交換
ヒートプロテクト回路:PTC(ポジスタ)問題無し、劣化サイリスタを新品交換
リレー:全てのリレーをクリーニング
調整:DCオフセット、アイドリング電流をサービスマニュアルに従い調整
但し規格値の90%(1.6A)に設定
SPターミナル:大型タイプへ交換(ババナプラグ使用可)
RCA端子:新品交換
アース端子:新品交換
その他:必要と思われるハンダ補修

フルレストア後の周波数特性:10Hz〜100kHz -0.5dB。230kHz -3.0dB。
歪率:出力30W時、400Hz 0.009%、1kHz 0.009%、10kHz 0.022%。
クリッピング電圧:17V(36W)
※Pioneer M-22を数台フルレストアされた実績を持つ方の作品

ヴィンテージオーディオ機器は誰が修理・メンテナンスしたのかが最重要だと思う。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002301
トラックバック