TRIO KA-5100G メンテナンス2 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< TRIO KA-5100G メンテナンス1 | main | Bea Miller/Not An Apology【ビー・ミラー】 >>
TRIO KA-5100G メンテナンス2
使用することの無いマイクアンプ部以外のコンデンサを全交換。
また稀に片CHの音が出なくなり、ボリュームを上げると事象が回復する症状が見られた為、直下の基盤を削って穴を開け、新たに回路を復元して代替品のリレーへ交換。
併せて接点復活材でベトベトになっていた端子類を洗浄。

コンデンサを交換したことで下記の変化が見られた。
・重心がぐっと下がり、腰高な印象が改善。
・解像度がかなり上昇。

不意に発生するモスキート音はリレー交換で解消。

今回はバイポーラ型のコンデンサを多用した為、中域重視の滑らかで繊細な音色に変化。
一方でオリジナルの爽やかな音色感は減退して、やや暖色へ遷移。

ただし、重心がぐっと下がったものの腰高な印象は拭い去れず。
低重心を実現するには電源部が貧弱すぎるのだろう。
グレードが同等ならば、古いアンプに使用されているトランスの方が現行品よりも優れている様にも感じるが。

このTRIO KA-5100Gには実家で埃を被っているTechnics SL-1200MK3の相手をしてもらう予定。

あえて古い廉価プリメインアンプを中古購入する利点は特に無いように思うけれど、リレーの外し方やボリューム部の分解の仕方、コンデンサ交換時の注意点などを身を持って知るには調度良い素材であった。
計3回も感電して焦ったけれど(笑)

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002309
トラックバック