エンクロージャと吸音材 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Bea Miller/Not An Apology【ビー・ミラー】 | main | Pioneer S-X4G入手 >>
エンクロージャと吸音材
以前、相応の労力を掛けて自作したAudio Nirvana Super8 Cast Frameのフルレンジスピーカーは、徐々に引っ張り出してくる機会が少なくなり、遂にはエンクロージャを実家に置いてきてしまっていた。

JBL系の乾いた極めて抜けの良いユニットで、シンバルの「ジャララ〜〜ン」とした音色を簡単に再現出来るし、高能率を活かした音飛びに優れた音の良いスピーカーだったのだけれども、下記の1点が気に入らないがゆえ、一旦距離を置いたのだった。

・中高域の指向性が強すぎて音素の拡がりに欠け、リスニングポジションを激しく限定する

居なくなると不思議なもので、FOSTEX G1302では出せないカラカラに乾いた軽く「スコーン」と抜ける色彩の濃い音色が恋しくなるのである。

幸いユニットは手元に置いているので、ダイソーで各100円で買ったポリプロピレン製のダストボックス(約5.7l)に乗せて、密閉型スピーカーとして聴いてみると、素材の音が乗って好ましくない音だけど、何やら可能性を感じる。


※動画は一定期間経過後、削除する場合があります。

このダストボックスの素材であるポリプロピレンは内部損失が高くスピーカーコーンにも使用される素材なので、エンクロージャとしても使えそうだし、円形ユニットに適合した円柱型のエンクロージャも定在波を抑える点で有利に見える。
その他の特徴として、側面に細かい立溝が均等に走っていて、底に向かって僅かにシェイプした形状を持つ。

だんだん良い音がしそうな気がしてきて、吸音材を極端に増やすことはやっていなかったので、以下を実践してみた。
吸音材として使わなくなったシーツなり綿シャツなりを容量の30%(嵩高を含む。)程度放り込んでみる。
⇒ポリプロピレンの響きがかなり減退するものの未だ素材の鳴きを感じる。音素は直線的に飛ぶ。 

次に容量の60%(嵩高を含む。)程度を吸音材にしてみる。
⇒ポリプロピレンの響きを感じなくなる。音素は未だ直線的に飛ぶ。 

次に容量の90%(嵩高を含む。)程度を吸音材にしてみる。
⇒ポリプロピレンの響きは感じ無いが、音が少し詰まる。音素に拡がりが出て、中央定位を感じるエリアが3倍以上拡大する。
上の2つとは次元が違うというか同じスピーカーとは思えない位、トータルでの音質向上が感じられる。

吸音材を増やす毎に高域が3減退するなら、低域が2減退する感覚。
吸音した分、ボリュームを上げられる利点がある。
Audio Nirvana Super8 Cast Frameは高域が強めに出るユニットなので、吸音材を増やしているうちにバランスが良くなった感じ。
それでも高域寄りには変わらないし、大音量だと素材の色が残るけれど。

密閉型で吸音材を大量投入する方式は過去の名機と云われるスピーカーにも存在するし、音を聴く限りでは「有り」だと感じる。

この出音を聴くと前に自作したバスレフ型のエンクロージャは失敗作だと言えるなぁ。
この結果をフィードバックするべく、改良の為、近いうちに実家から引き上げてこないといけない。

最初からこういう些細なことを1つ1つ潰しておけば、遠回りしなくて済んだのにね。

結局、吸音材は75%(嵩高を含む。)程度にして一段落。
その後、ダクトを設けてバスレフにしてみると、吸音材は60%(嵩高を含む。)程度の場合が自分の好みの音色となった。

エンクロージャが内部損失の高い素材かどうか、吸音材がどれくらい空気を取り込む素材かによって好ましい吸音材の量は異なるのだろうけれど、密閉型の場合はバスレフ型よりも多めに投入した方が良さそうだ。

| 自作スピーカーの作り方 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002311
トラックバック