DIATONE DS-15B入手 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Pioneer S-X4G入手 | main | DIATONE DS-15Bのエッジ軟化処理 >>
DIATONE DS-15B入手


Pioneer S-X4Gのウーファー取り付け用の穴を拡げるなり、バッフルを付け替えるなりして、Audio Nirvana super 8へ換装してみようと考えていたけれど、実験の為だけに程度の悪くないPioneer S-X4Gを潰すのは勿体無い気がしてきて、代わりにDIATONE DS-15Bを手に入れた。

DIATONE DS-15Bならば、ネジ穴を開け直すくらいで、同じ20cmユニットのAudio Nirvana super 8を換装出来そうに思えたから。

DIATONE DS-15Bは1979年に発売された密閉型小型ブックシェルフ。
DIATONE DS-201の実質的な後継モデル。

レビューは以下のとおり。
乾いた明るめの音色。
音場は平面的、定位良好。
高域の抜けや伸びは現代のスピーカーに劣るが、キラキラした煌きを持つ。
中域が張り出していて厚みがあり、澄んでいる。
ボーカルとリードギターがフォーカスされる傾向。
エレキギターの歪んだ音色を上手く再現するスピーカー。
低域は力感があり歯切れが良く、密閉型にしては量感がある部類。
芯を持ったバスドラが膨らまずに抜けてくる。
ロックをメインで聴くなら、おすすめ。

低価格にも拘らず、この大きさ・重さのスピーカーとしては驚きの完成度。
シンバルがツィーターの素材の固有音を伴ってシャンシャン鳴り過ぎる点を改善すれば、現行モデルとも戦えそうなくらい。
大音量にすると、高域の硬さと五月蝿さが前面に出てきてバランスが崩壊するので、使い手を選ぶけれど。
内部の補強やマグネットの大きさ、ネジ穴に鬼目ナットを打ったりとほとんど寸法・定価の変わらないPioneer S-X4Gとは造りが雲泥の差。

当初の目的であったAudio Nirvana super 8への換装は、ウーファーの背後片側側面に補強が入っておりマグネットと干渉する為、ユニット自体は収まるものの、中心がずれるので加工が必要となる。
反対側の側面には補強が入っていないのに。。
ちなみにマグネットの強大さは次のとおり
Audio Nirvana super 8>>DIATONE DS-15B>Pioneer S-X4G
音の重心の高さは次のとおり
Audio Nirvana super 8>Pioneer S-X4G>DIATONE DS-15B
なお、DIATONE DS-15Bの箱にAudio Nirvana super 8を入れた時が最も低域が出る。

どうやら自分は小型ブックシェルフは密閉型が好きみたいだな。

★DIATONE DS-15Bを購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002313
トラックバック