DIATONE DS-15Bのエッジ軟化処理 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< DIATONE DS-15B入手 | main | ヴィンテージオーディオの魅力 >>
DIATONE DS-15Bのエッジ軟化処理


DIATONE DS-15Bのスピーカーユニットのエッジに塗布されているビスコロイドがカチカチまでには至らないまでも硬化していたので、軟化させることにした。
ビスコロイドはエステル系溶剤に溶けるらしいので、ブレーキフルードを使用。
結果、前面に薄く2度塗りしただけで、エッジは十分柔らかくなり、ダンパーの動きが良くなった。
効果としては、硬さが減退して、音が伸びやかになり、低域の量感が少し増した。
その後はビスコロイドに代わるダンプ材を塗布すべきだろうけれど、放置してしばらく様子見。

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002314
トラックバック