ヴィンテージオーディオの魅力 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< DIATONE DS-15Bのエッジ軟化処理 | main | 音色のベクトル >>
ヴィンテージオーディオの魅力
1976年から1982年に発売されたオーディオ機器に強く惹かれる。
メカメカしい無骨なデザインが魅力的だし、素材の良さや造りの良さを感じられる製品が多い。

この時代は大量生産によるスケールメリットや大量購入によるボリュームディスカウントが効いている上にモノの販売量も多く、リスクの価格への転嫁が今よりもずっと抑えられている。

下記のとおり、現代とは物価が異なるから、当時の定価が低いのに音質が良いのも特段不思議では無いのかも知れない。

1976年
大卒:初任給94,300円
1977年
大卒:初任給101,000円
1978年
大卒:初任給105,500円
1979年
大卒:初任給109,500円
1980年
大卒:初任給114,500円
1981年
大卒:初任給120,800円
1982年
大卒:初任給127,200円

| オーディオ雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002315
トラックバック