古いスピーカーの外装メンテナンス方法 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< TaKeT BATPRO2(バージョンアップ品)購入 | main | TRIO LS-202の吸音材交換 >>
古いスピーカーの外装メンテナンス方法

・当方がメンテナンスに使用している商品

古いスピーカーの外装メンテナンス方法

1.固く絞った雑巾等で水拭き後、無水エタノールを使用して、キャビネットの汚れを落とす。
用途は精密機器の洗浄とされるが、日常の掃除の際にも利用している無くてはならない存在。
樹脂やコーティング上に付着したヤニ汚れ位なら、無水エタノールでも落とせる。
ちなみに無水エタノールに消毒効果は無い。
※パーティクルボードやMDFに使用する場合は、保存状態によっては経年劣化により拭き取り時に素材が瓦解する可能性があるので注意。

★無水エタノールの最安値はこちら★

2.樹脂素材をクレポリメイトでコーティングする。
経年劣化し色褪せた樹脂に艶を与え、白化を防ぐ。
ARMORALL(アーマオール) でも可。
※空拭きしないとムラになる場合がある。

★クレポリメイトの最安値はこちら★

★ARMORALLの最安値はこちら★

3.スピーカーカバーを洗浄する。
洗濯用洗剤を使用して積年の汚れを落とせば、驚く程に綺麗になる。
フレームやカバーの材質によって洗浄方法を変える必要がある。
※フレームが木材の場合は、吸水させ過ぎると変形する。

4.スピーカーユニットを外して、錆びを取り除き錆び止めを塗る。
KURE 5-56を塗布しながら、金属部表面上の錆を研磨して除去する。
同時に錆び止め効果も持つ。
錆の根が深い場合は、完全に錆を取り除くことは困難。
※メッキされている場合やヘアライン加工されている場合は要注意。

★クレ 5-56の最安値はこちら★

5.スピーカーユニットの取り付けネジを洗浄する。
台所洗剤を使用して、漬け置き洗いをする。
但し、錆を落とすことはできないので、錆を落としたい場合はKURE 5-56やピカールケアーを使用して研磨する。

★ピカールケアーの最安値はこちら★

6.スピーカーターミナルにコンタクトスプレーを塗布する。
KURE コンタクトスプレーはゴム、プラスティックに影響を与えないと記載されているので使用している。
簡単に言うと接点復活材。
※大量に吹き掛けない、過剰な溶剤を綿棒等で拭き取ること。

★クレ コンタクトスプレーの最安値はこちら★

全部やると全体の印象がかなり変わりますので、より古いスピーカーに愛着が持てると思います。
当方は古いアンプやレコードプレーヤーも同じ要領で外装のメンテナンスをしています。
参考になれば幸いです。

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002329
トラックバック