TRIO LS-202の吸音材交換 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< 古いスピーカーの外装メンテナンス方法 | main | Lacey Sturm/Life Screams【レイシー・ スターム】 >>
TRIO LS-202の吸音材交換
TRIO LS-202を2セット所持しているが、いずれも内部から同じ匂いがするので、吸音材を入れ替えてみた。
同じくらい古いスピーカーでもSONY SS-G3は全く匂いがしないので、このモデル特有の何かがあるのであろう。
エンクロージャを特殊な溶剤で固めているみたいなので、そこに原因があるようだ。


・可能な限り、元の素材と同じ寸法・重さの吸音材を使用


・ニードルフェルトの劣化が著しい




・一部グラスウールはそのまま使用


・1セットをリファレンスにして調整

試しに吸音材を全て取り除くと中高域が伸びやかになり解像度が上がるが、低域の量感とダンピングが激減する。
吸音材交換後はほとんど匂いがしなくなり、大成功と言える。




・ネットワークの基盤のネジが固着しているので、片方しか外せなかった


・因みにSONY SS-G3は密閉型にも関わらず、吸音材はほとんど入っていない

★ニードルフェルトの購入はこちら★

★ミクロンウールの購入はこちら★

★サーモウールの購入はこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002330
トラックバック