SANSUI AU-D907F故障 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< Lacey Sturm/Life Screams【レイシー・ スターム】 | main | ROTEL RB-1080故障 >>
SANSUI AU-D907F故障


フルメンテナンス済みのSANSUI AU-D907Fを購入したが、購入後1年を経つ位から稀に片CHから一時的に音が出ない事象が発生するようになった。
以前購入したTRIO KA-5100G同様に片CHから音が出ない場合はリレーの故障が疑われるので、切り分けとしてボリュームを上げたり下げたりしてみるが回復するタイミングが合わない。
「これはリレーじゃないな。」と思い始めて、そのまま使用していると、スピーカーからボソボソと云う音がする事象が併発するようになった。
真空管アンプを使っている時に何度もこのボソボソと云う音を聞いていて、この場合は決まって真空管が壊れていたので、「前段のトランジスタが故障したのではないか。」と嫌な思いが頭を過ぎる。
トランジスタの故障かどうかを切り分ける方法を調べていると、「セレクターをAUXからAUX以外の例えばPHONOに切り替えてみろ。その場合でも再発するかどうかで切り分けていける。」とサンスイのアンプばかり直している人のホームページに書かれていたので、実践してみる。
すると切り替えたタイミングと同時に事象が回復した。

トランジスタで無いとするとどこが悪いのかと原因になりそうな箇所を思い起こしてみると、ほとんど使わないバランスVRがいつからか砂を噛んだようにジャリジャリすることに思い当たった。
そこで事象が発生している間にバランスVRをぐりぐり廻してみる。
完全一致ではないが、回復するタイミングが合う回数が多い。
さらに先程のホームページに「つまみにガリがある場合はただ単に回すんじゃなくて、気持ち押し込みながら回せ。」と書いてあったので、実践してみる。
すると既に数十回は右へ左へ回してもジャリジャリしていたバランスVRが10回程度しか回していないのにツルツル滑る様に回るではないか。
どうやら、ごみが外周に追いやられた様である。
あれから半年以上経つが音切れもボソボソも再発していない。
先人の知恵に感謝します。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002332
トラックバック