ROTEL RB-1080故障 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< SANSUI AU-D907F故障 | main | KENWOOD DP-7010購入 >>
ROTEL RB-1080故障


SANSUI AU-D907Fに続きROTEL RB-1080も故障した。
症状としては、電源を投入するや否や「ブーン」と大音量で共振音がする。
あまりの音量にすぐに電源をOFFしてしまうが、切り分けの為に我慢して聞いていると共振の裏で微かに歪んだ音楽が聴こえる。
これはアースライン上の故障か最悪電源部だろうから自分で直してみようかと一瞬考えたけれど、TRIO KA-5100Gを追い込み過ぎて最終的に燃やしてしまったのを思い出して、メーカー修理に出すことにした。
事前に電話して切り分け内容と症状を伝えたら、「おたくの場合、パワートランジスタは大丈夫だろうから、確かなことは言えないけれど、最低料金の18,000円に収まると思いますよ。」とのことだった。
実際に修理に出すと帰りの送料込みで15,000円。



数十円程度の部品を2つ交換し、各種調整をしただけだけど、こんなもんだろう。
自分が所持しているフルレストア済みの古いアンプがいかに安かったが解る。

戻ってきたROTEL RB-1080は高域がしなやかになった気がした。
このROTEL RB-1080は自分にとって特別だから、もうしばらく使えると有難い。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002333
トラックバック