KENWOOD DP-7010購入 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< ROTEL RB-1080故障 | main | KENWOOD DP-8010購入 >>
KENWOOD DP-7010購入


サブシステムにTRIO LS-202とSONY SS-G3を導入して、自分のオーディオはすっかり安定してしまったけれども、もう少し太くかつ濃い音が聴きたくなって、古いCDプレーヤーを購入した。

購入したKENWOOD DP-7010は1988年秋頃に発売されたCDプレーヤー。
KENWOODの誇る名機の1つ。
軽快で明るくスピード感を伴った暖色の音色。
線が太めで、低域に量感が有り力感も持つ。
高域にきつさが無く、エッジは丸みを帯びていて、音素の細部が潰れ気味。
音場表現は苦手だが、ボーカルが力強く前に出て、十分なメリハリがあるので、ロックやポップスに最適。
艶や色付けが濃い。
音素はやや軽い。
現在の音とは異なる古いマルチビットDACらしいvividな音色。
CDプレーヤーの絶頂期(1987〜1989年)に発売されただけあって、よく練られた楽しい音。

もやもや系のCDPは、SONY CDP-333ESJ、DENON DCD-1500AE、DVD-3930を所持したことがあったけど、KENWOOD DP-7010が最も好みに合う。

なお、MARANTZ SA-15S2をDACにして、デジタルアウトで繋ぐとキャラクターを維持したまま低域の力感が増し、左右方向への音素の拡がりが大きく改善し、僅かに繊細さが向上する。

完動・美品でも市場価格が極めて低いので、経年劣化における音質のばらつきを調べるべく2台買ってしまった。

★KENWOOD DP-7010の中古を購入するならこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002334
トラックバック