SONY CDP-338ESD、VICTOR XL-Z711、KENWOOD DP-8010、KENWOOD DP-7010の音色の特徴と比較 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< SONY CDP-338ESD購入 | main |
SONY CDP-338ESD、VICTOR XL-Z711、KENWOOD DP-8010、KENWOOD DP-7010の音色の特徴と比較


1年程前からMARANTZ SA-15S2をCDプレーヤーとしては使わずに外部DACとして使用していたけれども、古いマルチビットDACを搭載したCDプレーヤーをトランスポートにしたら、太くて濃い音色を付与できそうな気がして、結局1988年モデルを4機種5台購入した。

折角なので、比較してみる。
※約30年前に発売されたCDプレーヤーなので、経年劣化の個体差があるだろうから飽くまで参考までに。

【主な特徴】
SONY CDP-338ESD
・暖色
・明るく楽しい音
・vivid
・ボーカルが前に出る
・音のグラデーションが綺麗
・音の伸びやかさ、滑らかさに勝る
・低域のキレ、量感有り

VICTOR XL-Z711
・暖色
・やや生真面目
・vividかつクリア
・ボーカル帯濃厚
・響きに優れる
・低域のキレ、量感有り

KENWOOD DP-8010
・中庸
・クリア
・他よりボーカルに距離を感じる
・サウンドステージの見通しが良い
・やや硬質
・低域のキレ有り、但し量感に劣る

KENWOOD DP-7010
・暖色
・明るく楽しい音
・vividでメタリック
・ボーカルが前に出る
・低域をブーストした感有り
・他より僅かに解像度が低く音が軽い

上記はいずれもMARANTZ SA-15S2に比べると透明感、解像度、静寂感、空間表現、前後の奥行き感、左右への音の拡がりに劣るが、一方で音の太さや厚み、vividさに勝るし、ボーカルがより有機的で低域にパンチがある。
但し、年代の差による目指す音のベクトルが違い過ぎるので、本来比べるべきでは無いと思う。

購入した1988年発売の4機種の中では、一般的にはVICTOR XL-Z711もしくはSONY CDP-338ESDが高音質と云えるだろう。
真面目な一面が見え隠れする音色だが、ボーカルの濃厚さと高域の響きの良さでVICTOR XL-Z711、低域の押し出しの良さとグラデーションの美しさ、伸びやかさでSONY CDP-338ESDかな。

個人的には他より音が軽いが、KENWOOD DP-7010の音色が自分が普段聴いているジャンルに合っていて好き。
思わず2台も購入したくらいに。
KENWOOD DP-7010を買わなかったら、この年代ばかり4機種5台も購入していなかっただろうし。
なぜかこの音色を聴くとFernandesのエレキギターにBOSSのMetal Zone MT-2を繋いで、PARKの25Wのギターアンプで鳴らしていた10代の頃を思い出すんだよなぁ。

DACは未だ様子見なので、しばらくこれで遊んでみたい。
それから、これらの古いCDプレーヤーには、TRIO LS-202やSONY SS-G3より色付けが少なく高解像なFOSTEX G1302の方が相性が良かった。
例えば、VICTOR XL-Z711にTRIO LS-202を合わせると色彩が鮮やかで濃度の高い音色になるけれども、どうも自分には濃過ぎる。

★光デジタルセレクターの購入はこちら★

★光デジタル分配機の購入はこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002340
トラックバック