オーディオ機器の個体差(メモ) | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< SONY CDP-338ESD、VICTOR XL-Z711、KENWOOD DP-8010、KENWOOD DP-7010の音色の特徴と比較 | main | north star design Essensio購入 >>
オーディオ機器の個体差(メモ)
複数台同一モデルを購入したオーディオ機器は以下のとおり
・QUAD 11L 3セット
・QUAD 11L2 2セット
・MARANTZ PM-13S1 2台
・SANSUI AU-D907F 2台
・TRIO LS-202 2セット
・KENWOOD DP-7010 2台

個体差を感じなかったのは、
・QUAD 11L 3セット
・QUAD 11L2 2セット
・MARANTZ PM-13S1 2台
・KENWOOD DP-7010 2台

個体差を感じたのは、
・SANSUI AU-D907F 2台
・TRIO LS-202 2セット

SANSUI AU-D907Fは1台目がフルレストア品で2台目が故障箇所のみを修理した品
音色自体が変わる訳では無いが、フルレストア品の方が細部の粒立ちが良く解像に優れる。
故障箇所のみを修理した品は、音素のエッジがややべったりしているし、1台目と比べるとS/Nが低く感じられる。
保守物品として購入したが、先に2台目を購入していたら2台も持たなかっただろう。

TRIO LS-202は2セット目のツィーターの音が、ややヒステリックで神経質過ぎるので、結局2号機は放出した。
2セット持っていないと解らない程度の差なんだけど、比較すると明確に違う。

やはり古いオーディオ機器は、個体差があると考えていた方が良いだろう。

| オーディオ雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002343
トラックバック