KENWOOD 700C(TRIO 700C)購入 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< DENON POA-3000購入 | main | KENWOOD DP-1100SG購入 >>
KENWOOD 700C(TRIO 700C)購入








TRIOが1974年に発売したプリアンプ。
国内向けがTRIO 700Cで海外向けはKENWOOD 700Cのはずだが、この筐体は前面がKENWOODブランドのパネルで裏面ラベルがTRIO 700Cの国内向け100V仕様なので珍しい。

長い間使用しているROTEL RC-1070に比べると艶が少ないが、鮮度が良くやや乾いた非常に明るい音色で、キレの良さを感じる。
中高域がクリアで透き通る美しさを持ち、かつ音の響きに優れている。
音に張りが有り、細かい音もよく聴こえる。
CDを聴いてもレコードを聴いても同様の音色。
特別高級なフィルムコンデンサを使用してメンテナンスされた訳では無いけれど、今の自分が探していた音がする。

ちなみに、ボリュームが抵抗切り替え式多接点アッテネータの為、単体での細やかな音量調整が難しいので、パワーアンプ側のボリュームと組み合わせて調整すると良い。
なお、小音量でも音痩せが少ないのは、抵抗切り替え式多接点アッテネータだからだろうか。
幾分もっさりしている音色だが、低域が豊かで力強く艶の有るDENON POA-3000に合わせるのが良かった。
また、シングルエンドA級動作のヘッドホンアンプを持ちヘッドホン出力の音が極めて良い。

44年前の装置なので当然メンテナンス済みだが、海外のフォーラムを読むとコスト削減の為に使用されたと思われる信号経路上の電解コンデンサを全てフィルムコンデンサに交換すると設計者が意図した真の姿になるらしい。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002350
トラックバック