SONY CDP-X333ES購入 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< トランス式アッテネーター(Transformer Volume Control)製作 | main | トランス式アッテネーターの効能(メモ) >>
SONY CDP-X333ES購入


1990年発売の非常に評価の高いCDプレーヤー。
EJECTボタンに不良が有り、安かったので購入した。
愛用している1987年〜1988年発売のR-2R抵抗ラダー型のマルチビットDAC搭載のCDプレーヤー達よりも音の厚みや低域の踏み込みの深さは減退するが、音素の分離が良く、高域が明瞭ですっきりした爽やかな印象。
歴代の333シリーズで最も555シリーズに近づいた存在らしい。

EJECTボタンの不良は、分解して再度組み直して解消。
念の為、開閉センサー部を無水アルコールで清掃しておいた。

MASH型1bitDACを採用したTechnics SL-PS860の音色は、力感に乏しく好みではなかったが、SONYがMASH型1bitDACを改良して開発したパルスDACの音色はSONYらしい音作りで好きだ。
決してDACだけで音が決まる訳では無いけれど。

しかしながら、約30年選手のCDプレーヤーを7台も所有しているのは如何なものか。
故障しないから、次も故障しないと考えて入手している節があるのは、間違いない。
CDプレーヤーなんて、かつて程使用しないのに。。

| アンプ/CDプレーヤー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/1002353
トラックバック