BEHRINGER REFERENCE AMPLIFIER A500 | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< オーディオクエスト スピーカーケーブル CV4とTYPE6を比較。 | main | IPODが100万円のCDPと遜色ないとの記事について >>
BEHRINGER REFERENCE AMPLIFIER A500


もしコストパフォーマンス最優先な方なら、お勧めしたいのがこちらの業務用パワーアンプBEHRINGER REFERENCE AMPLIFIER /べリンガー リファレンススタジオパワーアンプ A500
この会社、他社より良いものを3分の1の価格で販売するというとんでもないコンセプトを掲げている。

値段が値段だけにあまり文句は出ないが、ピュアオーディオ機器に比べると、若干レンジが狭い。
ケーブル類の音色の影響を受けやすい気がする。
が、レンジは広ければそれが良い訳では無し、ケーブルの癖さえ理解していれば、扱いやすい気もしないではない。


ボリュームコントロールなんて本当にちゃちだが、鉄の塊で外装していて、結構重い。
プリアンプが無くともパワーアンプ直結で良いだろう。

音は若干高音よりで、正当派な音色。ONKYOの音をもう少し柔らかく素朴にした感じに聴こえる。説明し難いが、とても2万円代のアンプの音では無い事だけは確か。10万円コースで目を見張る音を出したい人向け。試しに旧INTEC205シリーズの付属スピーカーであるD-102TXを繋いでみたが、上記のPMA-1500AEだと薄く広く音を押し出す感じしかなかったが、A500は高出力でスピーカーが生き返った。

余談だが、もともとこのD-102TXは低音こそ量感が足りないけれど、軽め音付けと抜けの良い中高音、そして正確さを感じる音色で、一部で評価が高く、馬鹿安の中古価格に疑問を抱き手元に置いていたが、国産スピーカーの潜在能力の高さを垣間見る事が出来て、改めて感心する結果となった。

序でに言うと、AMCRON(アムクロン)もしくはCROWN(クラウン)のD45が原音忠実の低域重視型とするなら、こちらは若干の音楽性を持った高音よりの音付けになるかな。
決して同等レベルでは無いけれど、これはこれで良いと思うよ。
コストパフォーマンス的には凄まじい物がある。

★BEHRINGER REFERENCE AMPLIFIER A500の最安値はこちら★

| アンプ/CDプレーヤー | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
同じようなアンプ遍歴ということでコメント致しました。

私は DENON PMA-1500R で BOSE 314 を駆動していましたが、音はソフトで良い音でしたが、なぜか?聴き疲れする音でした。中音が盛り上がり、イマイチ音が一歩前に出てこない印象でした。

これを BEHRINGER A500 に代えてみました。(PMA-1500R はプリアンプ代わりに使用)

そうすると、そもそも狙っていた喫茶店の BGM のような軽い爽やかな音がやっと出ました。BOSE 314 を導入して10年を経ての快挙です。BEHRINGER A500 と BOSE 314 の相性はバッチリ!!! です。

聴きやすい音/嫌味な音がしない/解像度感がある/動きの軽い速い音 です。若干、高域が華やかな感じです・・・私好みです。
| ひろくん |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/390900
トラックバック