話題のprocable(winter072)の製品を試す(購入後編) | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


<< 話題のprocable(winter072)の製品を試す(購入前編) | main | kef iQ3 >>
話題のprocable(winter072)の製品を試す(購入後編)
遂にモノが到着したので、早速レビューを開始。

使用スピーカー QUAD 11L(モニター系)
同アンプ    BEHRINGER/べリンガー A500(業務用)

因みに購入したのは
BELDEN ベルデン 88760(深紅) with ノイトリックプラグ
ウェスタンエレクトリック WE16GA
シールド重鉄タップ四個口
である。

まず解り易い所で、シールド重鉄タップ四個口から交換しよう。

「えっ!!なんだ!!このピチピチした感じは!!」
音に鮮度が満ち溢れている。
それから、細かい音が見える程の解像力。
更に、ノイズレス。
静寂が音になる。
定位は抜群。
音の出だしの瞬発力も凄い。
低音がキレる。
う〜ん。
今まで購入したアクセサリーの中でも一番の効果を感じる。
たかがタップだけど、お勧めだよこれ。
要はコンセントなので、他の機材も繋げられるし、PCを繋げば処理速度は上がるわ、モニターを繋げば発色が鮮明になるわで素晴らしい。
カーボンヒーターに繋いだ所、温度が上昇したような感じさえした。
嘘の様だ。

次に、RCAケーブルを純銀製の8500円の物からBELDEN ベルデン 88760(深紅) with ノイトリックプラグに換えてみた。

「おお!!ピアノの音が嘘臭いと思っていたCDから、リアルな混じりっ気の無い等身大の音が聴こえるではないか!!」
今まで使っていたRCAケーブルが、いかに装飾された音に変えていたのかが解った。
むむ。
さっきの重鉄タップ程では無いが、やはりお勧め。
ただ、装飾された音の方が良いと言う人がいても、おかしくは無いかも知れない。
でもやっぱり多くの人は、この何も足さない何も引かない音色を気に入ると思う。
ニュアンスの違い、タッチの差まで再現する。

最後に、スピーカーケーブルを私の大のお気に入りAUDIO QUEST(オーディオクエスト)のCV4からウェスタンエレクトリック WE16GAに繋げ換える。

「おいおい。さんざん試して落ち着いたCV4が。。。」

完敗。
CV4、良いモノだったはずなのに、このケーブル嘘ついてた。

ウェスタンエレクトリック WE16GAはクリアで忠実な感じの音色、何よりバランスが極めて良い。
欠点は、若干高音がきつくなる癖がある位か。

私が使っていたケーブル類は装飾いや、粉飾し過ぎだった様だ。
無茶苦茶に混じり合っていた。
悲しいくらい馬鹿だった。

なお、この3種のお勧め度合いのランキングは

1位 重鉄タップ 
現在使用している機器類を、そのままバージョンアップしてくれる。
使い回しが効く。

2位 BELDEN ベルデン 88760(深紅) with ノイトリックプラグ
混じり気無し。
良くも悪くも忠実。

3位 ウェスタンエレクトリック WE16GA
クリアで素直。
但し、かなりの高価格で、これ以上のスピーカーケーブルは有り得る様な気はする。

いずれもコストパフォーマンスは最高ランクだと言って良いと思う。
少なくともこれ以上の価格対効果を持つ商品を私は知らない。

更に色々試して、今回こんなに歴然と差が解ったのは、それぞれのアクセサリーの能力の高さだけでなく、使用したスピーカーQUAD 11Lがその潜在能力を魅せてくれたからであると再発見するに至った。

次は電源ケーブルをベルデン輸入品から同マリンコ仕様に換えてみるか、CROWN(クラウン)D45でも買ってみるかな。
| 電源/ケーブル類 | comments(0) | trackbacks(2) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://audioreview.tvsd.net/trackback/434073
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - |