スピーカー | ピュアオーディオスピーカー試聴レビュー

CATEGORIES


TRIO LS-202入手


次は30cmウーファー搭載のヴィンテージスピーカーを購入しようとしていたが、嫁からSONY SS-G3の重低音が響き過ぎるとクレームが入ったので、30cmを諦めて25cmウーファー搭載のTRIO LS-202を入手してみた。

TRIO LS-202のレビューは以下の通り

1979年に発売されたバスレフ型3wayでALLパルプコーンの名機。
TRIO LS-303(KENWOOD LS-809)、LS-505(KENWOOD LS-990)の系譜から後のTRIO LS-800、LS-1000(KENWOOD LS-1800)の系譜へ移行する間に送り出された戦略モデル。
線は細めだが、全域を通じて明るく乾いた音色で抜けが良く、ボーカルが前に出て鳴りっぷりも良好。
年代の割りには、附帯音が少なくサウンドステージの見通しも良い。
高域は少し硬質でシャンシャン鳴るものの控えめな方。
中域はスムーズで透明感もあるが、SONY SS-G3に比べてボーカルの肉付きや艶がやや薄めに感じられる。
低域は重みに欠けるものの拡がり過ぎることもなく、量感、キレともに良好。
このスピーカーは極めて音場感と音像感のバランス、ユニット同士のつながりに優れており、一聴すれば評判の良さを理解できると思う。
ニアで聴いてもスピーカーの存在を忘れさせる。

ボーカルに線の太さや艶と湿り気、低域に歯切れと重みを求めるならSONY SS-G3の方が向くが、トータルバランスはTRIO LS-202が上と感じる。
SONY SS-G3が国産から半歩欧州寄りの音色付けだとするなら、TRIO LS-202は国産から半歩米国寄りの音色だと云えるだろう。
SONY SS-G3やTRIO LS-202を聴くと、音楽を楽しむのに果たしてこれ以上が必要なのかという気にさせられてしまう。
古いスピーカーだけどそれ位の実力は持っている。

SONY SS-Gシリーズの下位モデルとTRIOがTRIO(国内向け)とKENWOOD(海外向け)の2つのブランドを使い分けていた頃のスピーカーは、ヴィンテージスピーカーの中でも値段が手頃な割りに性能が良く音も良いので、古き良き時代の製品として個人的におすすめ。

★TRIO LS-202を購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
SONY SS-G3入手


当初、セカンドシステムのスピーカーとして以下を購入対象としていたけれど、18cm密閉型→20cm密閉型ときたので、25cm密閉型のSONY SS-G3を入手してみた。

18cmウーファー
Pioneer S-X4G※

20cmウーファー
YAMAHA NS-451
DIATONE DS-201※
DIATONE DS-15B※

21cmウーファー
CORAL X-3

25cmウーファー
TRIO LS-100
TRIO LS-202
DIATONE DS-251MK2※
DIATONE DS-28B※
SONY SS-G3※
SONY SS-G4

30cmウーファー
JBL 4312A
JBL L100A
JBL L112

※密閉型

SONY SS-G3のレビューは以下のとおり
1977年に発売された密閉型3wayで、名機SONY SS-G7の末弟。
SS-Gシリーズ(1桁の国内モデル)唯一の密閉型。
鳴りっぷりが良くボーカルが前に出て、ジャンルかつ録音の新旧を問わず聴かせる懐の深さがある。
中域は丸みがあり、暖かいものの少しもやつく。
高域は控えめだが、大音量時にやや暴れを感じるのはこの時代のツィーターの性能限界か。
低域は歯切れと解像力があり、重低域も感じ取れる。
ただし、個人的にはもう一段の下への伸びが欲しい。
また密閉型なので、駆動力のあるアンプを組み合わせないと低域の量感に不足を覚えるかも知れない。

ALLペーパーコーン型の聴き疲れしない日本的な美音が魅力で、定位を売りにするだけあって、3wayだがニアで聴いても音像がぶれず、まとまりが良いので、狭い部屋でも安心して聴ける。
メインシステムで使用しているFOSTEX G1302と似た所を目指している音創りを感じる。
ちなみにFOSTEX G1302と比べるとSONY SS-G3の方が濃い色付けでゆったりめ。
ボーカルがピンポイントで幻影的に浮かび上がるFOSTEX G1302とは異なり、SONY SS-G3は音の厚みと強いコントラストでボーカルに実在感を与えている。
良い意味でSONY SS-G3は古いオーディオの音がする。
解像度の高さや高域の伸び、音素の拡がり、静けさはFOSTEX G1302が圧倒的。
低域の量感はほぼ同等。
低域の力強さはFOSTEX G1302が上で、逆にSONY SS-G3には弾む感じがある。
体感ではFOSTEX G1302の方が低域に重みがある為、随分と印象が違う。
SONY SS-G3はウーファーのマグネットがアルニコなので、さすがに経年劣化が避けられないだろうから、手負いの状態だと思われる。

この音を聴くとFOSTEX GシリーズとSONY SS-Gシリーズの音色と音質が重なった所に理想がある気がしてくる。

★SONY SS-G3を購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
DIATONE DS-15Bのエッジ軟化処理


DIATONE DS-15Bのスピーカーユニットのエッジに塗布されているビスコロイドがカチカチまでには至らないまでも硬化していたので、軟化させることにした。
ビスコロイドはエステル系溶剤に溶けるらしいので、ブレーキフルードを使用。
結果、前面に薄く2度塗りしただけで、エッジは十分柔らかくなり、ダンパーの動きが良くなった。
効果としては、硬さが減退して、音が伸びやかになり、低域の量感が少し増した。
その後はビスコロイドに代わるダンプ材を塗布すべきだろうけれど、放置してしばらく様子見。

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
DIATONE DS-15B入手


Pioneer S-X4Gのウーファー取り付け用の穴を拡げるなり、バッフルを付け替えるなりして、Audio Nirvana super 8へ換装してみようと考えていたけれど、実験の為だけに程度の悪くないPioneer S-X4Gを潰すのは勿体無い気がしてきて、代わりにDIATONE DS-15Bを手に入れた。

DIATONE DS-15Bならば、ネジ穴を開け直すくらいで、同じ20cmユニットのAudio Nirvana super 8を換装出来そうに思えたから。

DIATONE DS-15Bは1979年に発売された密閉型小型ブックシェルフ。
DIATONE DS-201の実質的な後継モデル。

レビューは以下のとおり。
乾いた明るめの音色。
音場は平面的、定位良好。
高域の抜けや伸びは現代のスピーカーに劣るが、キラキラした煌きを持つ。
中域が張り出していて厚みがあり、澄んでいる。
ボーカルとリードギターがフォーカスされる傾向。
エレキギターの歪んだ音色を上手く再現するスピーカー。
低域は力感があり歯切れが良く、密閉型にしては量感がある部類。
芯を持ったバスドラが膨らまずに抜けてくる。
ロックをメインで聴くなら、おすすめ。

低価格にも拘らず、この大きさ・重さのスピーカーとしては驚きの完成度。
シンバルがツィーターの素材の固有音を伴ってシャンシャン鳴り過ぎる点を改善すれば、現行モデルとも戦えそうなくらい。
大音量にすると、高域の硬さと五月蝿さが前面に出てきてバランスが崩壊するので、使い手を選ぶけれど。
内部の補強やマグネットの大きさ、ネジ穴に鬼目ナットを打ったりとほとんど寸法・定価の変わらないPioneer S-X4Gとは造りが雲泥の差。

当初の目的であったAudio Nirvana super 8への換装は、ウーファーの背後片側側面に補強が入っておりマグネットと干渉する為、ユニット自体は収まるものの、中心がずれるので加工が必要となる。
反対側の側面には補強が入っていないのに。。
ちなみにマグネットの強大さは次のとおり
Audio Nirvana super 8>>DIATONE DS-15B>Pioneer S-X4G
音の重心の高さは次のとおり
Audio Nirvana super 8>Pioneer S-X4G>DIATONE DS-15B
なお、DIATONE DS-15Bの箱にAudio Nirvana super 8を入れた時が最も低域が出る。

どうやら自分は小型ブックシェルフは密閉型が好きみたいだな。

★DIATONE DS-15Bを購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
Pioneer S-X4G入手


絶滅危惧種の密閉型スピーカーを作ろうと思ったのだが、フルレンジの密閉型は大容量が推奨されるので、二の足を踏んでいる。
メーカー推奨の容量は、例えば16cmフルレンジのDIATONE P-610で約60L、Pioneer PE-16Mで約78Lなので、20cmのAudio Nirvana super 8だと80L以上と思われる。
自分が扱うには大き過ぎる。とても。
そこで小型密閉型のスピーカーを購入して、まず聴いてみる事にした。

Pioneer S-X4Gは、1981年に発売されたコンポ向けのスピーカーらしい。
海外では「baby HPMs」とか「mini HPMs」と呼ばれたりすることがある。
このスピーカーもまた招聘した元JBL副社長のバート・ロカンシーの影響を受けているであろうと思われる鳴りがする。
バート・ロカンシー監修の作としては、和製JBL 4312と言われるPioneer CS-616や米国市場を席巻したPioneer HPM-100などが有名。

Pioneer S-X4Gのレビューは以下のとおり。
乾いていて、歯切れが良く軽快な明るい音色。
鳴りっぷりがすこぶる良く、パワーを入れると一回り大きなスピーカーが鳴っているかの様な錯覚すらする。
色は薄めで爽やかな印象。
中低域の解像度は低めだが、高域は価格の割りに優れている。
奥行き感に乏しく平面的な音場展開。
定位は良好、小型密閉型だけに低域の量感は少ないが、無理をしない分濁りが少ない。
ツィーターのグレードがウーファーよりも高いと感じる。
なお、ツィーターの外観が名機Pioneer S-180Aとそっくりなので、同一か姉妹品なのかも知れない。

ちなみにこのスピーカーは人気が無いので、状態の良いモノでも格安で入手できます。
特別な音はしませんが、乾いた音色が好みなら普通に良いスピーカーだと感じるでしょう。

後日、ウーファーをAudio Nirvana super 8と換装してみたい。

★Pioneer S-X4Gを購入するならこちら★

| スピーカー | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/29PAGES | >>